読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮想化ソフトウェア[VirtualBox]のインストール

仮想化ソフトウェアとは

簡単に言うとコンピュータの中にさらに仮想的なコンピュータを作成を行えるソフトのことです。

これにより一つのコンピュータでいろいろなOSを動かすことができます。

例えばMacOS上でWindowsLinuxOSを動作させることができるということです。

個人用の仮想化ソフトウェアで有名なものとしては以下のようなものがあります。

それぞれのメリット・デメリットやもっと仮想化ソフトウェアについて知りたいという方は以下のページが参考になると思います。

http://changineer.info/server/virtualization/virtualization_diff.html

 

今回はこの中の「VirualBox」をMacOSにインストールしていいきたいと思います。

VirualBoxのダウンロード

まず初めに以下のURIにアクセスします。

https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

今回はMacOSにインストールするので「VirtualBox 5.1.8 for OS X hosts」の「amd64」をクリックしてインストーラをダウンロードします。

f:id:setomoki:20161028121211p:plain

VirtualBox-5.1.8-111374-OSX.dmg」というファイル名のインストーラがダウンロードされたと思います。

 VirtualBox-5.1.8-111374-OSX.dmg」をダブルクリックし実行します。

実行して出てきたウィンドウ内の「VirtualBox.pkg」をダブルクリックします。

f:id:setomoki:20161028122012p:plain

 

ここから先は基本的にインストーラの指示通りに進めていけば以下のような画面になりインストールが完了するはずです。

f:id:setomoki:20161028122221p:plain

 

インストールが完了したらアプリケーションフォルダに「VirtualBox」が増えていると思います。

VirtualBox」をダブルクリックで起動すると以下画面がでてくると思います。

f:id:setomoki:20161028122431p:plain

次回はCentOSのインストールしていきたいと思います。

またインストールしたCentOSでWebサーバやDBサーバなどの実装もこれからおこなっていきたと思っております。